鼠退治は早急に行った方が良い

main-img

鼠をモデルとした世界的に人気のキャラクターがおり、可愛らしく愛されていますが、実際の鼠はそうはいきません。日本に生息する鼠のほとんどは身体に菌を保有しています。
その菌は感染症などを引き起こす可能性のあるもので感染具合によっては命の危険が及ぶ可能性もあるのです。


日本では「ドブ鼠・クマ鼠・ハツカ鼠」の3種がほとんどです。

体長は約5〜10センチメートル程度で、体重は400〜1、100グラム程度です。



器用な前足と強靭な後ろ足によって直角な壁でも爪を引っかけることが出来れば上ってしまいます。



また、ウサギと同様に一生伸び続ける歯を持っており、定期的に硬いものをかじって長さを調整しているのです。
鼠の気配を感じた時は、早急な鼠退治を行った方がいいでしょう。


鼠退治を行わないことで起こる被害として、騒音・悪臭があります。

夜行性の鼠は夕暮れになると活動し始める為、人間が就寝する頃には最も活発に動き回り、その騒音に悩まされることになります。


また、排泄は動線上にまき散らすため、あちこちで悪臭問題が出てきます。


前述したように柱や電気コードなどの硬いものをかじる為、建物の構造が弱くなったり、火災に発展する可能性も出てきます。



鼠退治グッズとしては、カゴや粘着シートが一般的で我々でも簡単に販売店で購入することが出来ます。
しかし、配置を誤るとグッズの効果が無いのに等しいものとなってしまいます。

鼠は賢い生き物ですので、普段と違うものがあると警戒して出て来なくなる場合があります。

その習性から隅を移動しますので、壁等に這わせて設置するのが良いでしょう。
殺鼠剤も手に入れる事が出来ますが、どこで死んでいるか分からず、放置しなければならない状況になる為、敬遠されがちなものとなっています。

害獣駆除の補足説明

subpage1

寒い季節になると暖を求めて家に入ってくるのが鼠で、一度侵入を許すと被害はかなり大きなものになってしまいます。食品類を荒らしたり、天井裏などを走り回られると夜落ち着いて眠れなくなることもよくあります。...

more

学ぼう害獣駆除の事

subpage2

鼠退治を効率良くするには、市販のグッズを複数組み合わせて利用すると短期間で鼠を室内から追い出す事ができます。ホームセンターやネット通販で売っている粘着シートは台所や屋根裏等に設置しておくだけで鼠が引っ付いて捕獲できるのが便利で、設置する場所が悪いとなかなか捕獲できないですが、数時間程度で運よく捕獲できる事も多いです。...

more

害獣駆除の基本知識

subpage3

鼠を退治するための道具というのは市販をされていますが、確実性を期すのであれば業者に任せるのが一番です。個人で退治をすることができればそれに越したことはありませんが、鼠退治というのは簡単なものではありません。...

more

害獣駆除のわかりやすい情報

subpage4

自宅で鼠退治をする場合にお手軽でおすすめなのが毒エサで、ホームセンターなどでも簡単に入手することができます。毒エサを食べたネズミは自動的に駆除されますから自分で最終処分する手間もかかりません。...

more